侍の心を見せてくれた十兵衛【麒麟がくる 6話】

麒麟がくる

Pocket

麒麟がくる6話「三好長慶襲撃計画」。三好長慶(キャスト:山路和弘)と松永久秀(キャスト:吉田鋼太郎)の主従が、公家との連歌の会に招かれた時に主君・室町幕府管領の細川晴元に命を狙われる事になります。主君に狙われるってどうしたらそうなるんでしょうね、逆に家臣に狙われる事もある気を抜けない戦国乱世。

もみじが美しい中で 麒麟がくる 6話

麒麟がくる6話での公家の屋敷での戦い。赤いもみじが庭に積もり、その庭を中心に武将たちが戦う。命を取り合う場面、だけど美しい場面でした。ここで十兵衛は怪我をしてしまいます。

三淵藤英、細川藤孝、足利義輝。

明智十兵衛光秀(キャスト:長谷川博己)は伊平次から三好長慶、松永久秀主従が襲われる計画を聞き、三淵藤英の館へ向かう。三淵藤英(キャスト:谷原章介)は管領細川家の中の事と力を貸すのに難を示すが、弟である細川藤孝(キャスト:眞島秀和)は助けようと十兵衛に同意してくれる。将軍、足利義輝(キャスト:向井理)は少し頼りない感じですが、まだ10代半ばの年齢のようです。

二人を狙った管領の細川晴元は下品な男ですが、演じられているのは俳優の国広富之さん、西郷どんでは上品な近衛忠煕役をされていましたね。俳優さんってすごいな。

十兵衛の言葉

十兵衛は三淵藤英の前で、将軍や側近の有り様を説いていましたね。

「将軍は武家の棟梁であらせられるということ、全ての武士の頭であり武士の鑑であり、武士を一つにまとめ、世を平らかに治めるお方。将軍が争うなとひと言お命じにならねば世は平らかにはなりませぬ!三淵殿が将軍のおそばにおいでのお方ならそのようにご進言頂きたい。武士の一人としてお願い申し上げているのです!」

自分の侍としての気構え、こころざしも見せる立派な言葉でした。足利義輝も細川藤孝も聞いていましたが、若い十兵衛の強い言葉は彼らの心を打った気がしました。

命を燃やす戦闘 麒麟がくる 6話

麒麟がくる 6話は長台詞と戦闘シーンで大変だったでしょうね。もみじの中、侍たちが命を燃やす。俳優さんが鮮やかな衣装を着て並んで敵に備えるシーンは美しかったです。十兵衛光秀は将軍に対しても、強面の松永久秀にも真っ直ぐで、さすが主人公と思いますが、いつも正しい道を行かなければいけない。生きにくい人物でもありますね。人を助けると簡単に言っても自分の命もかかってくるし。今回、十兵衛は怪我をしてしまいましたね。

細川藤孝と十兵衛の友情

人の戦いで怪我をして、こんなに真っ直ぐだと前途多難な気がする十兵衛ですが、今回、親しい友人が出来た気がします。家臣として、生き方として、通じるものがあったのかも知れません。細川藤孝は京に残って欲しかったようですが、家臣が皆バラバラになっているのは美濃も京都も同じ、それぞれ課題もありそうです「5年後か、10年後か、またお目にかかります。」と十兵衛は言い、また織田と戦いが始まった美濃に帰ることになります。

二人の再会はいつでしょうね。またそれぞれどんな人物になっているでしょうね。

十兵衛と駒

6話の最後、十兵衛と駒(キャスト:門脇麦)二人だけのシーンが長めにありましたね。美濃までついていく駒。二人だけの夜のシーンはどきどきしました。食べ物もあまりないし、風も強くて寒いし、危ない美濃までの道。でも好きな十兵衛となら怖くないんでしょうね。今度いつ会えるかわからない時代、人生の中でこういう素晴らしい景色に出会えたらそれだけで生きていて良かったよね。十兵衛は駒の事をどのように思っているんでしょうね。今後ふたりはどうなるのでしょうか。

 

NHKオンデマンドを楽しむ。「侍の心を見せてくれた十兵衛、麒麟がくる 6話」でした。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました