東庵も十兵衛も大変な 【麒麟がくる 4話】

麒麟がくる

Pocket

麒麟がくる 4話「尾張潜入指令」。美濃の斎藤道三と尾張の織田信秀が戦った後、突如、駿河の今川義元(キャスト:片岡愛之助)とその家臣・太原雪斎(キャスト:伊吹吾郎)が三河、尾張に侵攻してくる。織田信秀は小豆坂の戦いで今川軍と対するが、織田軍の消耗は大きい。

どちらにも絡まれる東庵 麒麟がくる 4話

麒麟がくる 4話。殿である斎藤道三(キャスト:本木雅弘)から稲葉山城に呼ばれた十兵衛と叔父・明智光安。医師・望月東庵(キャスト:堺正章)が京に帰ることとなり、お礼の場と思ったら、なんだか話が嫌な方向に。

美濃の道三には

東庵は道三の正室・小見の方を看病した恩人なのにね。道三の言い方が怖い、行動が怖い。いきなりの不穏な場面に明智光安(キャスト:西村まさ彦)も十兵衛(キャスト:長谷川博己)も視聴者もびっくり。

でも望月東庵と道三のやり取りを観ていると、東庵この人もタフですね。そして謎の人物。尾張の織田信秀の状態を伝える代わりにお金をプラスで要求していましたね。そして慌てず、駒(キャスト:門脇麦)にも伝えず尾張に旅立つ。

道三が言うには「あちこちの大名や公家衆とつながりのある不思議な医者」ということですが、東庵が十兵衛をこれから色んな人物、場所に連れて行ってくれる水先案内人のような事をしてくれるのでしょうか?

尾張の織田信秀とは

尾張についた東庵は織田家の家老・平手政秀と城の中庭で話をしています。馴染みのようですね、織田信長のお守り役で有名な方ですが、でも織田信秀の病状を簡単に言っちゃうとか、平手政秀それはどうなの?と思いました。

望月東庵と織田信秀(キャスト:高橋克典)とのシーンを見ての感想ですが、二人は双六友達なんですよね?友達まではいかないのかな?でも結果的に東庵は道三のほうについた気がしました。駒が人質になっているからかもしれないし、見立てで信秀が長くないことがわかったからかもしれないし。信秀の傷は三ヶ月前からと言うことですが、現代人はつい忘れてしまいますが、ペニシリンが出来る前は傷が膿んだりして、人類は大変だったようです。この出来事で東庵が良い腕を持つ医者だというのがわかりましたね。

十兵衛も潜入し戦闘も 麒麟がくる 4話

麒麟がくる 4話では十兵衛も尾張に潜入します。やり取りがなかったのでよくわかりませんが、十兵衛は東庵に頼まれたということでしょうか、菊丸(キャスト:岡村隆史)がまたついてきていましたね。

ちっこい松平竹千代との出会い

松平竹千代は将来の徳川家康。徳川家康と明智光秀は仲が良かったようで、本能寺の変の黒幕とか徳川家康のブレイン・南光坊天海が光秀説とか色々ありますね。

「母上のもとへ行きたい」というちっこい松平竹千代、可愛いし3年もお母さんと離れているなんて可哀想。この時代の若さまは大変。人質とか命かかってますしね。十兵衛は竹千代に優しくしてあげていましたね。いい出会いをしていました。

戦闘と菊丸

十兵衛と織田の家臣とのシーンは長谷川博己さんの動きがカッコ良かったです。逃げる菊丸。そして十兵衛は複数の人間に助けて貰う。十兵衛は「あのつぶてに助けられた。何者だ?」と言っていましたね。菊丸が三河出身という事でその関係の人物たちでしょうか?ずっと怪しい菊丸ですが、せめて味方側だったらいいですね。

二人は夜には明智荘に帰ってきていましたね。一日で帰れる距離?そんな近い地域で戦っているなんて怖いですね。駒は戦国に生きていて怖い目にも合っているのに、東庵や十兵衛の動きや、自分が人質になっていたのも気がついていませんでしたね。菊丸と十兵衛に食って掛かる駒。駒の廻りはなんか平和だなぁと思いました。

十兵衛の今後の人生

十兵衛も東庵も大変だった4話。東庵はまだ尾張にいるけど、5話の予告には足利義輝(キャスト:向井理)が出ていて、じゃあ今度の舞台はまた京都だな、十兵衛の水先案内人の東庵も大丈夫だな、と勝手に思いました(笑)

明智十兵衛光秀の前半の人生は今までよくわからなかった様ですが、最近はNHKの歴史番組や先生たちの研究で新しい事実が私達にも公開されてきていて楽しいです。医師をしていたとか、朝倉氏とも関係があったみたいですね。

⇒ 本能寺の変の原因 本能寺の変サミット2020

一乗谷朝倉氏遺跡について

去年、一乗谷朝倉氏遺跡に行ってきました。十兵衛光秀も住んだのでしょうか?一乗谷、おすすめです。でも車で簡単に廻るだけじゃなく歩いて色々見るのがいいと思います。確か医師が住んだ一画もありました。


十兵衛のこれからの人生を一緒に見れるのはとても楽しみです♪

NHKオンデマンドを楽しむ「東庵も十兵衛も大変な 麒麟がくる 4話」でした。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました