国友村、京都を廻る【麒麟がくる 5話】

麒麟がくる

Pocket

麒麟がくる 5話「伊平次を探せ」。情勢がかわったのでしょうか?天文17年の秋、最初は興味なさそうだった斎藤道三(キャスト:本木雅弘)が明智十兵衛光秀(キャスト:長谷川博己)に火縄 筒の事を教えてもらっている。国友村とか本能寺とか鹿流とか!

まずは国友村へ 麒麟がくる 5話

麒麟がくる 5話は歴史好きにはたまらない回でした。やっぱり明智十兵衛と廻る戦国は楽しい!勿論その裏には大河ドラマスタッフさんの努力と熱意を沢山感じるのです!

国友村にはいなかった伊平次

国友村には伊平次は残念ながらいませんでしたね。私は国友村に十兵衛が行っただけで喜んでいましたが(笑)

国友村は今の滋賀県長浜市になります。私は8年ぐらい前に名前に惹かれて町を歩いた記憶があります。博物館は私の記憶とは違うところなのかな?焙烙玉も沢山展示していた気がするんですが、昔だし展示物も違うかも知れません。

このあたりは戦国好きにはたまらないところですね。車で廻れる範囲(琵琶湖の東側)に浅井長政、浅井三姉妹、豊臣秀吉、石田三成、井伊直政関係の遺跡や博物館が一杯あるところなので、歴史好きの方はグーグルマップで確認してぜひ廻って下さいね。(歴史好きじゃない彼氏彼女さんを一緒に連れて行くなら黒壁スクエアにも連れて行ってあげて下さい。じゃないと途中で喧嘩になるほど歴史まみれになる場所ですw)ちなみに明智光秀の城、坂本城があったのは琵琶湖西側の坂本で、東側からはちょっと遠いし、よく混む道です。

あの本能寺に行く十兵衛。 麒麟がくる 5話

麒麟がくる 5話では京についた十兵衛は伊平次を探すために本能寺に行きます。ここにも伊平次はいませんでしたが、三淵藤英(キャスト:谷原章介)と再会、その弟・細川藤孝(キャスト:眞島秀和)、そして足利義輝(キャスト:向井理)にも出会っていましたね。

足利義輝は「同じ流派でやめておけ」と言っていました。鹿島とは塚原卜伝で有名な鹿島神流剣術でしょうか。鹿島神宮の武道流派は公方様もする由緒正しい流派なのでしょうね。十兵衛は寺で教えてもらったのでしょうか。今回初登場の足利義輝はどんな性格なんでしょうね、次回以後楽しみです。

本能寺の最新の研究?

で、本能寺の事ですが、前回から気になっていたのですが最新研究で本能寺が種子島を早いうちから研究して作っていた事がわかったのでしょうか?私が知らなかっただけでしょうか?本能寺の変の時に南蛮人との貿易で寺の地下に多くのかやくが置かれていてびっくりするほど寺が燃えた説とか聞いたことがありますが、以前から普通の寺じゃなく重要な秘密を持っていた寺だったのでしょうか?本能寺の変にも関わってくるかも知れませんね。

NHKオンデマンドでまだ見てない番組に謎を解く鍵があるかも知れないので調べて見ます。

長篠の戦いの27年もまえ。

明智十兵衛は「戦いの後はいつも口のなかに苦さがのこる」と戦国イケメンな事を言っていました(笑)。再会した松永久秀(キャスト:吉田鋼太郎)が火縄 筒の力を強く説いているので、気になって年表を調べたら、伝来が1543年、5話の舞台である天文17年(1548年)は伝来から5年ほど経ったところでした。因みに織田信長が全国的に有名になった桶狭間の戦いは永禄3年(1560年)。

伝来から5年目の天文17年の時期に感度が高い人々はもうかなり動いているのでしょうか?戦いでどう使えばいいのかまだ悩んでいる様ですが、織田信長が画期的な三段 うちで大勝した長篠の戦い(1575年)の27年前ですね。(私の計算が間違っていなければ、笑)割りと長い時間かかっていますね。

十兵衛も早めに動いた一人になるのでしょうか。道三もだんだん興味を持ってきたみたいですし、麒麟がくるではそのあたりも詳しく描いていってくれたら嬉しいです。伊平次はイメージとは違って頭が良さそうですね、6話では十兵衛と伊平次が出かけた後、5話の続きを見せてくれるのでしょうか。京の武将たちの動きも気になる次回です。

NHKオンデマンドを楽しむ。「国友村、京都を廻る、麒麟がくる 5話」でした。ありがとうございました☺

タイトルとURLをコピーしました